CMC Markets

編集者の評価 3.6
長所
  • 1989年設立のため、広範な社歴
  • 金融行為規制機構 (FCA)による規制
  • 幅広い取引商品
短所
  • キプロス証券取引委員会 (CySEC)からの規制はなし
  • エキスパートアドバイザー(EA)の利用は不可
  • 電話取引に高額な手数料がかかる
最低入金額
$0
最大レバレッジ
1:500
ミニ口座
プラットフォーム
出金オプション
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • デビットカード

Review

はじめに

CMC Marketsは最古参のFXブローカーの一つであり、1989年に英国で設立されました。このプラットフォームの本社はロンドンにあるため、FCAの規制を受ける業者となっています。FCAはアイルランドとヨーロッパでもユーザーを規制しています。オーストラリアではASIC、シンガポールではMAS、カナダではカナダ投資業規制機構(IIROC)からも規制を受けています。

何年にもわたって、CMC Marketsは数々の称賛を浴び続け、この2年間でちょうど50の賞を受賞しました。2017年度の受賞例だけをあげてみると、UK Forex Awards (英国FX賞)よりBest Forex Trading Support(ベストFX取引サポート)、Shares Awards(株式賞)よりBest Online Trading Platform(ベストオンライン取引プラットフォーム)とFinancial Services Provider of the Year(2017年度金融サービスプロバイダー)、 ADVFN International Finance Awards(アドバンスド・ファイナンシャルネットワーク(ADVFN)国際金融賞)よりBest Spread Betting and CFD Education Tools(ベスト・スプレッド・ベッティングとCFD教育ツール)、Investment Trends 2017 Australia CFD Report(2017年度投資トレンドオーストラリアCFDレポート)よりBest Platform Features(ベストプラットフォーム機能)などを受賞しています。CMC Marketsのデフォルトのページは英語の国際サイトとなっていますが、中国語でも表示できます。14ヶ国のページが用意されており、英語、中国語、イタリア語、ドイツ語、ノルウェイ語、ポーランド語、スペイン語、スウェーデン語など該当言語オプションがついています。

CMC Marketsプラットフォームを使いやすくするため、20ページのクイックガイドがあり、CMC MarketsのWebサイトで簡単に見つかります。また、Webプラットフォームとモバイルアプリケーション別にプラットフォームのよくあるご質問(FAQ)セクションもあります。こういったツール、信頼性の高いカスタマーサポート、直感的なプラットフォームがあるため、ほとんどのトレーダーが簡単に使用できるでしょう。

取引条件

英国では、レバレッジはFXでは30:1、指数は20:1、仮想通貨が2:1、コモディティが20:1、株式が5:1からです。他の地域では、FXは500:1、指数が500:1、仮想通貨が4:1、コモディティが200:1、株式が20:1にもなることがあります。スプレッドはFXでは0.7、指数は0.3、ビットコインが60、イーサリアムが6、コモディティが0.3からです。

CMC Marketsが提供する口座タイプで唯一のバリエーションは、顧客の地域とデモ口座かライブ口座の選択に基づくものです。現在、CMC MarketsのWebサイトにボーナスは掲載されていません。

商品

提供されている市場範囲の競争という点では、Markets.comは際立っています。取扱商品は合計で10,000を超えますが、330を超えるFXペア、90を超える指数、9,000を超える株式と上場投資信託(ETF)、110を超えるコモディティ、50を超える国債を提供しています。そのため、CMC Marketsが提供する賞品よりも多くの市場を探すトレーダーはほとんどいません。

規制

前述の通り、CMC Marketsは、ロンドンに本社があり、FCAの規制を受けていますが、Webサイトにはライセンス番号が掲載されていません。CMC Marketsに対するFCA規制はヨーロッパ全土に適用されます。CMC MarketsはオーストラリアではASIC、シンガポールではMAS、カナダではIIROC、ニュージーランドではニュージーランド金融市場庁(FMA)から規制を受けています。

プラットフォーム

CMC Marketsが利用するのは独自プラットフォームであり、Webトレーダーとして、あるいはモバイルトレーダーとして、標準オプションと上級オプションのいずれでも入手できます。プラットフォームは他の人気のプラットフォームと非常によく似た設定がされているため、直感的に利用できます。標準的な見解と上級の見解のオプションがあり、プラットフォームを幅広い経験レベルのトレーダーに魅力的なものとしています。

CMC Markets独自プラットフォームには、標準チャート作成オプションとは別に、上級オプションが含まれており、初心者のみならず、プロと経験豊かなトレーダーにも魅力あるものとなっています。CMC Marketsのチャートは、12種類のチャート、描画ツール、115を超えるテクニカル指標がついた業界屈指のものとして評価されています。プラットフォームには70を超えるチャートパターンさえあります。モバイル用チャート作成、チャートフォーラム、モジュールのリンク、価格予測、テクニカル分析があり、すべてがプラットフォームに完全に統合されています。

完全に統合されたテクニカル分析一式により、チャート分析がやりやすくなり、35を超える描画ツールを利用できます。こういったツールにより、レジスタンスレベルとサポートレベル、強調表示、主な値動きの描画など、たくさんのことが達成でき、チャートにメモを書くことができます。30を超えるオーバーレイに加えて、50のテクニカル指標の研究があり、相場の反転と重要な価格レベルを特定しやすくなっています。チャートは大いにカスタマイズできるものでもあり、デフォルトのレイアウトを保存し、チャートから直接取引もできます。トレーダーは毎日のニュースや分析にアクセスして、決定の道しるべにできます。

チャートフォーラムは、取引コミュニティに接続し、チャート分析の共有、話し合い、コピーができるため、特に役立ちます。また、それを利用して、他のトレーダーからの投稿にコメントし、分析を保存することもできます。この機能はプラットフォームのモバイル版でもweb版でも利用できます。CMC Marketsはプラットフォームでどの言語が利用できるかは掲載していません。

モバイル取引

CMC MarketsのWebサイトは、モバイル端末で使いやすい便利なものです。また、独自のモバイルアプリケーションも提供されており、AppleまたはAndroidで利用できます。webサイトのほうが高度なツールを利用しやすいとはいえ、このモバイルアプリには、チャート作成能力など、フル機能がついています。

価格

CMC Marketsではゼロスプレッドが可能になるECNまたは「ゼロ」口座はありません。その代わり、スプレッドを通じて競争力の高い価格を提供しています。スプレッドがわずか0.7ポイントになることもあります。株取引手数料はわずか0.1%からです。トレーダーはいつでも、「CFDスプレッドと手数料」と名付けられたページで、現在のスプレッドを確認できます。

入出金

顧客は自分のCMC Markets口座にデビットカード、クレジットカード、銀行口座振込で入金できます。現金や小切手による入金は受け付けていません。カードが適格となるには、3Dセキュアである必要があります。十分な資金がなければ取引はできないとはいえ、口座の開設にあたって、最低入金額は求められていません。入出金は口座の「支払い」セクションを使ってシンプルに実行できます。顧客は入金に使った同じカードで出金できます。ただし、過去12ヶ月以内に口座でカードを利用しており、Visaカードである必要があります。そうでなければ、出金は銀行口座振込で行い、リクエストは同日内に処理されます。

カスタマ-サポート

プラットフォームのユーザーガイドとプラットフォーム特有のよくあるご質問(FAQ)に加えて、商品、取引問題、価格調整、その他のユーザーガイドなど、FAQには他のカテゴリーも多く含まれています。FAQカテゴリーの閲覧や、サポートページで検索機能の利用が可能です。また、同じページには充実した用語集もあります。CMC Marketsはすばらしい電話サポートを行っており、1日24時間利用可能ですので、市場が開いている時はいつでもサポートチームにアクセスできます。驚くべきことに、CMC Marketsサポートへの電話の98%が、20秒位内で回答を受けていることです。もう一つの方法としては、カスタマーサポートにメールを送ることができます。

リサーチ&教育

CMC Marketsはリサーチツールのみならず広範な教育も提供しており、そのすべてを口座所有者全員が自動的に利用できます。「学習」ページでは、用語集、取引ガイド、ウェビナー、イベントなど、あらゆるスキルレベルのツールをとりあげています。このカテゴリーに基づき閲覧するか、FX、CFD、ファンダメンタル分析、テクニカル分析、プラットフォームガイドという特定の題材を見ることができます。動画と記事は初心者には特に役に立ちます。しかし、上級トレーダーもこのリソースを使って新たな技能を身につけることができます。

リサーチでは、口座保有者全員が「ニュースと分析」セクションに自動的にアクセスします。このセクションには、経済指標カレンダー、ウェビナー、専門家による市場分析、チャート、市場の考察、週間展望が含まれます。

注目すべき点

全体を見ると、多数の賞とFX世界における信頼できる実績のおかげで、CMC Marketsはすばらしい名声を得ています。プラットフォームは使いやすく、多くの言語で利用できるため、様々な層のトレーダーにアピールできます。CMC Marketsは最近は操作や罰金の対象になっておらず、この点も名声の強化につながっています。

結論

CMC Marketsは高い評価を受けるFXブローカーで、印象的な商品を提供しており、10,000を超える商品から選択できます。この幅広い選択肢があるため、CMC Marketsプラットフォームの競争力は非常に高く、他業者よりも目立つ存在となっています。さらには、自信をかき立ててきた数十年の経験があります。この2年間でプラットフォームに対する複数の賞を含め、数十の受賞歴があるのと同時に、FCAから規制を受けていることもまた、大きな長所です。

CMC Marketsは他業者が使っていない独自プラットフォームを採用しているにもかかわらず、直感的に使用できますので、あらゆるトレーダーにアピールするでしょう。初心者は標準的な見解に固執する傾向がありますが、経験を積んだトレーダーは進歩的な見解と、115の指標のように、標準搭載としてプラットフォームに含まれる多数のツールと高度なチャート作成機能を利用します。モバイルアプリケーションが利用可能という点も、新たなプラットフォームの魅力になっています。プラットフォーム上で利用できるツールの範囲が広く、取引商品が多数あるため、トレーダーの経験レベルに関係なく、CMC Marketsはトレーダーにアピールできるのです。

比較

Broker Comparison Maecenas porta rhoncus dui ut congue. Donec luctus non sem eu euismod. Ut rhoncus mauris non bibendum congue. Donec maximus ipsum a lectus sollicitudin.

ユーザーのレビュー

最初にレビューを書いてください

ログイン

ログイン

キャンセル